デイリー・USE・無添加化粧品│オリジナルのスキンケアでアレルギー対策

化粧水

安全に使用できる化粧品

スキンケア

添加物によるトラブル

一般的に化粧品には、保存料や香料などの添加物が加えられています。これらにより化粧品は、長持ちしたり良い香りによって気持ち良く使用できるようになったりするのです。ところが一部の添加物については、使用する人の体質によっては、害となることがあります。具体的には、肌に腫れや痒みなどが生じるのです。使用により、必ずしもこういったトラブルが生じるわけではないのですが、肌がデリケートな人の場合は、気をつける必要があります。たとえば、顔など目立つ部位に使用する前に、太ももなど目立たない部位に使用して、肌にトラブルが起こらないかどうかを確認するのです。また、完全無添加化粧品を使用することも、肌を守るためには非常に有効とされています。完全無添加化粧品なら、添加物が一切加えられていないため、デリケートな肌にも安心して使用できるのです。

天然由来の成分を配合

昨今では、無添加化粧品が多く販売されるようになっています。無添加化粧品は、文字通り添加物が入っていない化粧品のことですが、厳密には完全無添加化粧品とは異なっています。たとえば、保存料に関しては無添加でも、香料は加えられていたりするからです。ところが完全無添加化粧品なら、そのようなことはありません。現在厚生労働省が指定している、100数種類の添加物の全てが、加えられていない化粧品なのです。それでいて、殺菌作用のある銀イオンや、良い香りのするローズオイルなど、安全性の高い天然由来の成分は配合されています。そのため、添加物が加えられている化粧品のように長持ちしやすく、香りを楽しむこともできるのです。安全に便利に使用できることから、完全無添加化粧品の需要は高まってきています。